GOSHI Racing

【モトクロス】全日本選手権第3戦 SUGO大会レポート

~リザルト~
HEAT1:21位
HEAT2:16位

総合 18位

予選走行中にマシントラブルに襲われながらも、石浦は予選A組を14位で無事に通過。
マシントラブルを改善し決勝に挑みましたが、SUGOのコースでは練習不足で目標とするTOP10には入れず課題の残る結果となりました。

2週間後の5月26日27日は第4戦 中国大会が広島県世羅郡のグリーンパーク弘楽園で開催されます。

今回からMOTUL様からエンジンオイルをサポート頂ける事になり、ロード部門もMOTULオイルを使用しております。スポンサー各社様、応援していただいた皆様ありがとうございました。

次こそはTOP10!
石浦のモチベーションも高く、この2週間でしっかりと乗り込みリベンジします!

~リザルト~ HEAT1:21位 HEAT2:16位 総合 18位 予選走行中にマシントラブルに襲われながらも、石浦は予選A組を14位で無事に通過。 マシントラブルを改善し決勝に挑みましたが、SUGOのコースでは練習不足で目標とするTOP......

【ロードレース】全日本選手権併催 MFJカップ レポート

~リザルト~
#54片山千彩都:総合3位、国内クラス1位(国内優勝)
#54山内逹裕 :総合7位、国内クラス4位

九州ロードレース選手権 第2戦から2週間、同じくオートポリスでの開催ということで地元チームとしては、結果を残したい思いで挑んだMFJカップは総合3位の#54片山と、総合7位の#55山内は、申し分ない結果と言える。
しかし、遠征組みも少なく、上位に転倒のある中での結果という現実もあり、この結果に満足せず今後も開発の手を緩めることなく前に進ん行かなければ、本当の勝利に繋がって行かないと考えます。

 前戦の九州ロードレース選手権で片方のマシンで使えなくなっていたGOSHIオリジナルマフラーの『54R!』でしたが、2週間の期間で解析と改良を行い車検では、2台のマシンともクリアとなった。
今回の原因は、劣化ではなく、幾つかの要因が重なり、短期間で音量が大きくなってしまいました。
解析から明確になった要因を潰し込み、今後に活かしていきます。

 次戦、今月26日、27日鈴鹿サーキットで開催予定のJP250の4時間耐久レースに出場します。 
GOSHI Racing 片山 千彩都、そして”ホンダドリーム北九州”チームの永島 潤太郎選手とペアを組み勝利を目指します!チーム名は、GOSHI Racing となります。

サポート頂いているスポンサー様、そして応援頂いている皆様、また結果を残せるようチーム一同頑張ります。
引き続き応援宜しくお願い致します。

記:レーシング部

~リザルト~ #54片山千彩都:総合3位、国内クラス1位(国内優勝) #54山内逹裕 :総合7位、国内クラス4位 九州ロードレース選手権 第2戦から2週間、同じくオートポリスでの開催ということで地元チームとしては、結果を残したい思......

【モトクロス】全日本選手権第3戦 SUGO大会~速報~

【速報】SUGO大会

~予選~
14位通過

~決勝~
HEAT1 21位
HEAT2 16位

総合 18位

ヒート1:スタートで出遅れて挽回出来ずに21位。
ヒート2:スタート8番手に出てかなり健闘したものの、徐々に追いつかれ最後は16位でフィニッシュ。見事にポイントを獲得しました。

スポンサー各社様、応援していただいた皆様ありがとうございました。

【速報】SUGO大会 ~予選~ 14位通過 ~決勝~ HEAT1 21位 HEAT2 16位 総合 18位 ヒート1:スタートで出遅れて挽回出来ずに21位。 ヒート2:スタート8番手に出てかなり健闘したものの、徐々に追いつ......

【ロードレース】全日本選手権併催 MFJカップ~速報~

【速報】MFJカップ

~予選〜
#54片山千彩都:総合5位、国内クラス2位
#55山内逹裕 :総合13位、国内クラス8位

~決勝~
#54片山千彩都:総合3位、国内クラス1位
#54山内逹裕 :総合7位、国内クラス4位

応援頂いた皆様、サポート頂いている皆様、ありがとうございました。

【速報】MFJカップ ~予選〜 #54片山千彩都:総合5位、国内クラス2位 #55山内逹裕 :総合13位、国内クラス8位 ~決勝~ #54片山千彩都:総合3位、国内クラス1位 #54山内逹裕 :総合7位、国内クラス4位 ......

【モトクロス】全日本選手権 第3戦に向けて

5月12~13日 宮城県のスポーツランドSUGOで開催される全日本モトクロス選手権シリーズ第3戦 SUGO大会!

前戦の関東大会で転倒したダメージも改善され、万全の体制でSUGO大会に挑みます。

久しぶりのSUGOはコースレイアウトも一新され、上位入賞のチャンスでもあります。
まずはトップ10入りを目指して頑張ります!

IA2クラス石浦諒の応援よろしくお願い致します。

5月12~13日 宮城県のスポーツランドSUGOで開催される全日本モトクロス選手権シリーズ第3戦 SUGO大会! 前戦の関東大会で転倒したダメージも改善され、万全の体制でSUGO大会に挑みます。 久しぶりのSUGOはコースレイアウトも一......

【ロードレース】全日本選手権併催 MFJカップに向けて

5月12日 大分県のオートポリスで開催される全日本選手権併催のMFJカップシリーズにスポット参戦します!

MFJカップシリーズとは、JP250クラスの参加者がステップアップするフィールドが必要であることから、全日本選手権と併催して開催することになったレースです。

今回GOSHI Racingでは、前戦の九州ロード第2戦にて仕様ミスからGOSHIオリジナルマフラーが使用できなかった反省より、マフラーの仕様を改良した、GOSHIオリジナルマフラーでレースに挑みます!

九州大会ということで、日ごろから戦っている仲間たちも大勢出場します!
負けられない戦いになります。

上位目指して頑張りますので、応援よろしくお願い致します。

5月12日 大分県のオートポリスで開催される全日本選手権併催のMFJカップシリーズにスポット参戦します! MFJカップシリーズとは、JP250クラスの参加者がステップアップするフィールドが必要であることから、全日本選手権と併催して開催する......

【ロードレース】九州ロードレース選手権 第2戦レポート

~リザルト~
ST600クラス: #1 田尻 1位 、 #54黒木 3位
JP250クラス:#55山内 5位 、 #54片山 8位

ST600クラス
  今回持ち込んだマフラーは、2タイプで、出力特性の良い仕様に対し
  音量低減アイテムを仕様違いで入れ込んだものをTRY。

  結果、Aタイプ(仮)が目論み通りの数値となり、実戦投入出来ました。
  今回の仕様違いで、着実にデータ蓄積となり、次戦までに2台ともベストな状態に出来るよう推進して参ります。

 JP250クラス
  当初の読み通りの難しい展開。更にマフラーに仕様ミスもあり、使えない事態に!

  本戦には、不測の事態となってしまい、他社製マフラーで戦うこととなりました。
  #54片山は、転倒後、レース復帰するもそのダメージもあり、8位という結果。
  #55山内は、マシンの仕上がりも手伝い、5位入賞。途中3位を走行していただけに
  悔しい結果となったレースでした。

 ST600クラスは暫くお休みとなります。JP250は今週末開催の全日本併催のMFJカップへ参戦します。

 こちらも、応援宜しくお願い致します。

記:レーシング部

~リザルト~ ST600クラス: #1 田尻 1位 、 #54黒木 3位 JP250クラス:#55山内 5位 、 #54片山 8位 ST600クラス   今回持ち込んだマフラーは、2タイプで、出力特性の良い仕様に対し   音量低減......

【ロードレース】九州ロードレース選手権 第2戦 速報

【速報】

~予選~
ST600:#1田尻 1位、#54黒木 2位
JP250:#54片山 6位、#55山内 7位

~決勝~
ST600:#1田尻 1位、#54黒木 3位
JP250:#55山内 5位、#54片山 8位

応援頂いた皆様、サポート頂いている皆様、ありがとうございました。

【速報】 ~予選~ ST600:#1田尻 1位、#54黒木 2位 JP250:#54片山 6位、#55山内 7位 ~決勝~ ST600:#1田尻 1位、#54黒木 3位 JP250:#55山内 5位、#54片山 8位 ......

【ロードレース】九州ロードレース選手権 第2戦に向けて

4月29日開催の九州ロード第2戦

前回の直入戦では、ST600で3位、5位の成績。JP250は1位、3位とシーズン初戦での成績としては、好成績と言える。
しかし、ST600での3位、5位は、昨年のランキングから評価すると「結果を残す事が出来なかった?」とも言える。

 今回のオートポリスは、直入とは性格の違うコースで、#1田尻、#54黒木の好きなコース。
マシンの性能はそのままで、走りで結果を出していくことになるが、ライバル達も成長著しく、そう簡単にはトップを取る事は難しいと思われる。
更に、今シーズンから音量規制が厳しくなり、「105.9dB以下 ⇒ 105.0dB以下」となっている。

直入での車検で、ST600#1車両の新型マフラーが規定値を超え、旧型マフラーを使う結果となったことで
今回、音量対策として新たなアイテム「アウターパンチング仕様(仮名)」へ組み換えて臨みます。(既にCBR250RRで実証採用済)

結果が良ければ、新型マフラーで戦えることとなり、最高のパフォーマンスを魅せることが出来る!はず!
JP250は、直入の勢いをそのまま持ち込みたい!しかし、真逆のコースレイアウトに苦戦も予想する。

ECUのセットが決まれば、こちらも良いパフォーマンスを魅せることが出来ます。前回覇者の#54片山、3位の#55山内の戦い方も見応えあり!

4月29日(日)ゴールデンウィーク真っ最中! 是非! オートポリスへ来て、観て、感じてください!
多くの皆さまの応援を現地でお待ちしています。

記:レーシング部


[第1戦SPA直入でのオフショット]
#37 井吉 亜衣稀 選手
#69 植垣 創平 選手
#1 田尻 悠人(Goshi Racing)
#54 黒木 玲徳(Goshi Racing)

4月29日開催の九州ロード第2戦 前回の直入戦では、ST600で3位、5位の成績。JP250は1位、3位とシーズン初戦での成績としては、好成績と言える。 しかし、ST600での3位、5位は、昨年のランキングから評価すると「結果を残す事......

【モトクロス】全日本モトクロス選手権 第2戦 関東大会

4月21日と22日の2日間で埼玉県川越市のオフロードビレッジにて全日本モトクロス選手権 第2戦が開催されました。
開幕戦の九州大会の時は雨天により音量車検が中止となり、関東大会での音量車検で54R!は無事に音量も合格し、予選に挑みました。
予選B組での出走でスタートはホールショットを狙えるぐらいの位置でスタートしたのですが、1コーナーで転倒してしまい追い上げのレースとなり予選13位で通過し、転倒時に石浦は左肩を負傷。
転倒で54R!とマシンにもダメージがありましたが、なんとか修復作業を行い決勝レースへ挑みました。
22日の決勝ヒート1は20位でポイントを獲得。ヒート2では22位でノーポイントという結果でした。
先日のKYBサスペンションテストでは良い仕上がりでしたので、非常に悔しい結果になりましたが、次戦の東北大会に向けてしっかりと準備を行い、TOP10以内を目指します!
応援に来ていただいた八千代工業株式会社の皆様、スポンサー各社様、ありがとうございました!!

記:レーシング部

 

 

4月21日と22日の2日間で埼玉県川越市のオフロードビレッジにて全日本モトクロス選手権 第2戦が開催されました。 開幕戦の九州大会の時は雨天により音量車検が中止となり、関東大会での音量車検で54R!は無事に音量も合格し、予選に挑みました......

【Sup Dream Honda】全日本ロードレース選手権第2戦

GOSHIオリジナルマフラー『54R!』を提供するTeam Sup Dream Hondaが全日本ロードレース選手権JSB1000クラスに参戦!
4月21日、22日 三重県の鈴鹿サーキットにて第2戦が開催されました。

【レース結果】 ライダー:山口 辰也  マシン:CBR1000RR
 ・JSB1000 決勝レース1:15位
 ・JSB1000 決勝レース2:17位

 ライダーの山口選手コメントより、「今回のレースは8耐に向けたテストという意味合いも大きいです。たくさんデータを収集して8耐を良いレースにしたい。」とあり、すでに第1戦のもてぎで、今シーズンの鈴鹿8耐への参戦権を獲得しているTeam Sup Dream Hondaは鈴鹿8耐が行われる鈴鹿サーキットで実践を兼ねたテストを実施。

 21日決勝レース1 Sup Dream Honda 山口選手は、17番グリットからスタートし、13位までジャンプアップして1週目を終え、2周目にはさらに順位をひとつ上げて12位に、そこから少し順位を下げ15位でフィニッシュ。
 22日決勝レース2 17番グリッドからスタートし、一時20位まで順位を落とすも、徐々に順位を回復。最終的に17位でチェッカーを受けました。

 鈴鹿8耐までは残り3ヶ月。ここから我々サプライヤー各社のパーツ開発は加速していきます。
チーム一丸となって鈴鹿8耐上位入賞を目指します。

GOSHIはTeam Sup Dream Hondaを応援します。

GOSHIオリジナルマフラー『54R!』を提供するTeam Sup Dream Hondaが全日本ロードレース選手権JSB1000クラスに参戦! 4月21日、22日 三重県の鈴鹿サーキットにて第2戦が開催されました。 【レース結果】 ......

【MotoGP™】第3戦アメリカズGP

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP第3戦が4月20日~22日にアメリカにて開催!

マルケス 1位! ペドロサ 7位!!
ドライコンディションで争われたMotoGPアメリカズGP決勝レース。
4番グリッドからスタートしたマルケス、1コーナーで2番手に入ると、1周目のバックストレートエンドでトップに浮上。
2番手以下と徐々に差を広げ、独走で今シーズン初優勝を達成!
サーキット・オブ・ジ・アメリカズでは負け知らずの6年連続優勝を記録。

前戦アルゼンチンGPで接触転倒に見舞われ右手首の負傷を抱えたままレースに臨んだペドロサは、中盤まで5番手争いを展開したが、終盤に遅れ、7位でゴールとなった。

ポイントランキングでは、マルケスが2位に浮上。ペドロサは11位となりました。

次戦5月4日から6日で行われるスペインGP!!GO!HRC!!

GOSHIはHRCを応援します。  

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP第3戦が4月20日~22日にアメリカにて開催! マルケス 1位! ペドロサ 7位!! ドライコンディションで争われたMotoGPアメリカズGP決勝レース。 4番グリッドからスタートしたマルケス......

【モトクロス】KYBサスペンションテスト

4月14日と15日の2日間で埼玉県川越市のオフロードビレッジにてKYBのサスペンションテストを行いました。
石浦は3年ぶりのオフロードビレッジの走行でしたが、3年ぶりとは感じさせない走りで1日目のテストを終了。
2日目は前日夜の雨でコースはベストコンディションになり、サスペンションのセッティングも決まり、1日目よりもタイムも上がり、石浦もマシンも良い状態に仕上がり2日間のテストを終了しました。

KYBテクニカルアドバイザーの白戸様、整備スペースを設けていただいた八千代工業株式会社 研究所の皆様、ありがとうございました。全日本モトクロス選手権 第2戦 関東大会は4月21日22日 オフロードビレッジにて開催されます。

応援宜しくお願い致します。

記:レーシング部

4月14日と15日の2日間で埼玉県川越市のオフロードビレッジにてKYBのサスペンションテストを行いました。 石浦は3年ぶりのオフロードビレッジの走行でしたが、3年ぶりとは感じさせない走りで1日目のテストを終了。 2日目は前日夜の雨でコー......

【Sup Dream Honda】全日本ロードレース選手権開幕!

GOSHIオリジナルマフラー『54R!』を提供するTeam Sup Dream Hondaが全日本ロードレース選手権JSB1000クラスに参戦!
4月7日、8日 栃木県のツインリンクもてぎにて第1戦が開催されました。

【レース結果】 ライダー:山口 辰也  マシン:CBR1000RR
 ・JSB1000 公式予選   : 9位
 ・JSB1000 決勝レース1: 7位 (8耐トライアウト:2位 ⇒ 2018 鈴鹿8時間耐久ロードレース 参戦権獲得)
 ・JSB1000 決勝レース2: 10位

 7日は朝から小雨が降る中、気温も上がらす路面はウエットコンディションでの公式予選となり、Sup Dream Honda 山口選手は、予選9位グリットを獲得。
 決勝レース1では、雨は止んだものの曇り空のまま、気温も上がらず、路面コンディションはハーフウエットでスタートし7位でチェッカーを受けました。
また、この「レース1」は「鈴鹿8耐トライアウト1stステージ」を兼ねており、鈴鹿8耐への参戦権を獲得するためにはこのトライアウトに参加する10台のうち、上位3位以内に入る必要がありましたが、鈴鹿8耐のトライアウト勢では2番手でのフィニッシュ。
鈴鹿8時間耐久ロードレースの参戦権を見事獲得!!
その瞬間、チームスタッフをはじめ、関係者も歓喜にあふれ、安堵の表情も見られました。

 8日、決勝レース2では、前日とは打って変わって快晴で路面コンディションはドライの状態でスタートし10位でチェッカーを受けました。

 次戦は4月21日、22日に鈴鹿サーキットにて全日本ロードレース選手権第2戦が開催されます。
GOSHIは引き続き、Team Sup Dream Hondaを応援します。

GOSHIオリジナルマフラー『54R!』を提供するTeam Sup Dream Hondaが全日本ロードレース選手権JSB1000クラスに参戦! 4月7日、8日 栃木県のツインリンクもてぎにて第1戦が開催されました。 【レース結果】 ......

【モトクロス】結果!全日本モトクロス選手権#1

4月7日(土)、8日(日)、全日本モトクロス選手権 第1戦が地元HSR九州で開幕しました。

GOSHIレーシングとして今シーズンよりフル参戦。地元開催も手伝って、会場には職場からもたくさんの応援者が足を運んでくれました。

多くの声援を力にGOSHIレーシング石浦選手も激走!オリジナルマフラー『54R!』を装着したマシンがコースを駆け抜けます!

7日(土)の予選では、真冬のような寒さに加え、時折みぞれが降る悪天候の中、IA-2クラス予選A組を9位でフィニッシュ。無事決勝進出を果たしました。
8日(日)は打って変わってポカポカ陽気の中、『くまモン』が応援に駆け付け、決勝を盛り上げてくれました。
石浦選手はヒート1で10位。ヒート2ではスタートに出遅れ下位に順位を落としましたが、熱い走りで何とか巻き返し14位、総合では11位という結果を収めることができました。

まだまだ初戦。今回のレースで得られた情報より、『54R!』マフラーを更に改良し次戦に挑みます!

皆様、応援及び、GOSHIブースへのご来場、ありがとうございました!

次戦は4月22日(日) 埼玉オフロードヴィレッジ。
皆様の熱いご声援をよろしくお願いします!

4月7日(土)、8日(日)、全日本モトクロス選手権 第1戦が地元HSR九州で開幕しました。 GOSHIレーシングとして今シーズンよりフル参戦。地元開催も手伝って、会場には職場からもたくさんの応援者が足を運んでくれました。 多くの声援......

【モトクロス】全日本モトクロス選手権シリーズが開幕します!

4月7日、8日 熊本県菊池郡のHSR九州で全日本モトクロス選手権 第1戦が行われます。

いよいよ全日本モトクロス選手権シリーズが開幕!!
GOSHI RacingからはIA2(国際A級250CCクラス)に石浦選手がエントリーします。

GOSHIオリジナルマフラーをマシンに装着し、今期のシリーズ全戦に参戦致します!
まずは地元熊本開催のシリーズ第1戦 九州大会!皆様のご声援よろしくお願いします!

4月7日、8日 熊本県菊池郡のHSR九州で全日本モトクロス選手権 第1戦が行われます。 いよいよ全日本モトクロス選手権シリーズが開幕!! GOSHI RacingからはIA2(国際A級250CCクラス)に石浦選手がエントリーします。 ......

【ロードレース】結果!九州ロード選手権#1

4月1日(日)九州ロードレース選手権 R-1 Spa直入

春満開! いよいよ九州ロードレース選手権の開幕戦 Spa直入大会 です。
◆ST600に#1田尻悠人、#54黒木玲徳
◆JP250に#54片山千彩都、#55山内達裕

~予選~
ST600:#1田尻 2位、 #54黒木 5位
JP250:#54片山 4位、 #55山内 10位

~決勝~
ST600:田尻 3位、 黒木 5位
JP250:片山 1位、 山内 3位

以上のような結果となりました。

600㏄で初のSpa直入サーキットは、難易度の高いテクニカルなコース
しかも狭く、抜きどころも少ないコース。
今回は、2名のライダー経験不足・体力不足が大きく影響したレースとなりました。

JP250クラスは、波乱の多い展開となり、途中中断もあり、ハラハラつづき
終始落ち着いたレース展開をみせた#54片山が最後まで守り切ったレースとなりました。
#55山内は、我慢のレース展開、上位グループが崩れる中での3位は立派!

応援頂いた皆様、サポート頂いている個人、各社の皆様、ありがとうございました。
次戦、4月29日(日)第2戦 オートポリスでは、更に上を目指し結果を残せるよう頑張りますので
引き続き応援・サポート、宜しくお願い致します。

記:レーシング部 部長 永田

4月1日(日)九州ロードレース選手権 R-1 Spa直入 春満開! いよいよ九州ロードレース選手権の開幕戦 Spa直入大会 です。 ◆ST600に#1田尻悠人、#54黒木玲徳 ◆JP250に#54片山千彩都、#55山内達裕 ......

【ロードレース】九州ロードレース選手権シリーズが開幕します!

4月1日 大分県竹田市のSPA直入で九州ロードレース選手権 第1戦が行われます。

いよいよ九州ロードレース選手権シリーズが開幕!!
GOSHI Racingからも各クラスに多数のライダーが参戦致します!

【ST600クラス】 マシン:CBR600RR
#1田尻選手 #54黒木選手

【JP250クラス】 マシン:CBR250RR
#55山内選手 #54片山選手

以上、4名がマシンにGOSHIオリジナルマフラーを装着しシリーズ参戦致しますので、
皆様のご声援よろしくお願いします!

4月1日 大分県竹田市のSPA直入で九州ロードレース選手権 第1戦が行われます。 いよいよ九州ロードレース選手権シリーズが開幕!! GOSHI Racingからも各クラスに多数のライダーが参戦致します! 【ST600クラス】 マシン......

【モトクロス】九州モトクロス選手権 第1戦

3月18日(日)に”九州モトクロス選手権 第1戦”が大津町のHSR九州で開幕しました。

今回の選手権は、来月開催される全日本モトクロス選手権を見据えたレースでもあり各メーカーもワークス体制で参戦、全国から強者が集結しました!

前日のサスペンションテストでは、KYBのサポートもあり、セッティングも上々!準備万全で決勝に挑みました。

今回、出場するIAオープンクラスは、450㏄と250㏄の混走でのレースということで、かなり厳しいレース展開を予想。
その予想通り、ヒート1は、燃調が合わず、総合9位。ヒート2は、燃調は良くなったものの体力に課題が?
で、またまた総合9位となりました。タイム的には、ヒート2のタイムが良く、2分7秒台とマシンは改善されているようです。

全日本選手権の開幕戦へ向け課題は残りましたが、改善点もあり、残された時間で、しっかり準備して行きます。

各サポートメーカー様、多数のご声援、お声掛けして頂いた皆様ありがとうございました!

次戦、4月8日(日) ”全日本モトクロス選手権 第1戦!HSR九州” 応援宜しくお願い致します!!

記:レーシング部 監督永田郁晴

3月18日(日)に”九州モトクロス選手権 第1戦”が大津町のHSR九州で開幕しました。 今回の選手権は、来月開催される全日本モトクロス選手権を見据えたレースでもあり各メーカーもワークス体制で参戦、全国から強者が集結しました! 前日のサス......

【モトクロス】サスペンションテスト

  • 2018.3.8

  2018年2月24日と25日の2日間、広島県にあるグリーンパーク弘楽園で、KYB株式会社(旧カヤバ)のサスペンションテストを行いました。

  KYBが東京モーターショーで公開したスプリングとエアーのハイブリッドサスペンションを装着。
GOSHIライダーの石浦が走行テストを行い、KYBのテクニカルアドバイザーの白戸さんと何度も打合せをしながら、サスペンションのベース仕様を決定!2日間に渡るテストでしたが、怪我もなく無事に終える事がでました。

  このサスペンションは3月18日に開催される『九州モトクロス選手権』の第1戦でGOSHIマシンに装着し走行致します。
場所は熊本県のHSR九州オフロードコースにて行われます。入場無料となっておりますので、皆様の応援をお待ちしております。

GOSHIライダー石浦

GOSHIライダー石浦

走行テスト

走行テスト

2018.3.8   2018年2月24日と25日の2日間、広島県にあるグリーンパーク弘楽園で、KYB株式会社(旧カヤバ)のサスペンションテストを行いました。   KYBが東京モーターショーで公開したスプリングとエアーのハイブ......

GOSHI Racing 2018年

2017年シーズン終了。2018年へ向けて!

2018年 新年おめでとうございます。
慌ただしく新年をスタートしておりますが、我々レーシング部は今年も全カテゴリー安全に走り切ることができる様、恒例となりました安全祈願を、熊本市の「西浦荒神社」で執り行って参りました。
今シーズンから、新たに全日本モトクロスへ参戦する事となりますが、体制については、現時点では協議中でありますので、日頃支えて下さっている皆様には、決まり次第改めてご報告致します。
また、昨年12月には日頃サポート頂いている企業様へ、スケジュールの都合上一部ではありましたが、ご挨拶に伺わせて頂きました。今シーズンも引き続き宜しくお願い致します。
日頃の感謝を込めまして、下記にて今後もサポート頂く企業様をご紹介致します。

順不同となりますが、ご理解のほど、宜しくお願い致します。

MFR様、オージーケーカブト様、アールエスタイチ様、isa SPROCKET様、オカノブラスト様、KYB様、アライヘルメット様、D.I.D様、Carry Design Office様、TECHNIX様、Y2S PLEASURE様、RSC様、H-DESIGN様

2017年シーズン終了。2018年へ向けて! 2018年 新年おめでとうございます。 慌ただしく新年をスタートしておりますが、我々レーシング部は今年も全カテゴリー安全に走り切ることができる様、恒例となりました安全祈願を、熊本市の「西浦......

GOSHI Racing 2017年活動計画

4月! 新しい年度の始まりですね。新しい環境でスタートされる皆さんも、これまでと異なる環境で再スタートされる皆さんも目標に向かって、一歩ずつ進みたいですね!
さて、2017年のレース活動は既にスタートしていますが会社の業務活動としては、この4月から一部リニューアルスタートとなり、色々と新しいドラマが生まれる4月となっています!
新たに「排気系開発ブロック」という部門が設置され、本格的にマフラーの開発をスタートさせます!
詳細については、また時間のある時に・・・

レーシングクラブの活動について、今年の計画を少しだけご紹介します!(既にご存知の方もいらっしゃると思いますが・・・)
ST600クラスには、田尻悠人、黒木玲徳の2台体制で九州選手権を中心に全日本へのスポット参戦を予定しています。
しかし、まだまだCBR600RRを乗りこなせていません。よって、今シーズンは6月のオートポリスからのスタートとなります。

4月のSpa直入R-1は見送りました。応援して頂いている皆さんには大変申し訳ありませんが、内情お察し頂ければと思います。
そして、昨年から参戦しておりますJP250クラスですが、今年度からGOSHIの社員としてチームの仲間入りした山内達裕が参戦致します。
昨年までYAMAHA R-25でJP250に参戦していましたが、今年からGOSHI Racingの一員としてレース活動を継続致します。
マシンはCBR300Rとなります。
そして、マシンの貸与で”GOSHI Racing&MTRT”からJP250クラスへ参戦することが決まっている片山千彩都選手が鈴鹿・オートポリス・HSR等々、幅広い活動の場でレースを盛り上げてくれることでしょう!

今シーズンはこんな豪華メンバーで活動の場を広げて参りますので、どうぞ応援宜しくお願い致します!
そして既にプレスリリースされていますが「鈴鹿8時間耐久レース」にHondaの新しいチームが参戦。
その名も「TEAM Sup Dream Honda」!!
ホンダサプライヤー企業16社とホンダ購買との合同チーム、つまり弊社のようにホンダ様へ部品を供給している企業が16社集まり、”チームHonda”として参戦!
勿論GOSHIもその一員となり、真夏の鈴鹿へ挑戦します!!
先ずは4月22、23日開催の”鈴鹿2&4 200k耐久レース”のトライアウトから活動開始です!
いろいろとバタバタしていますが、一つ一つ確実に消化していきたいと思います。(忙しいぞ~~!)

さぁ!全日本も開幕しました!来週には九州選手権も開幕です!嫌でも盛り上がってきました!!
今期のGOSHI Racingの応援宜しくお願い致します!

いつもお世話になっているMFR様からCBR600用ストンプグリップのサポート、OGKkabuto様からチームへの ヘルメットサポート等、本当に感謝です!

期待にお答え出来るよう、チーム一丸となり頑張りたいと思います。今シーズンもサポート頂きありがとうございます。

※昨年末のオートポリスでの音量規定違反での失格の教訓を活かし、改良したマフラーとマシンSETでCBR300Rを走らせます。同じ失態の無いよう今期取り組んで参ります。

4月! 新しい年度の始まりですね。新しい環境でスタートされる皆さんも、これまでと異なる環境で再スタートされる皆さんも目標に向かって、一歩ずつ進みたいですね! さて、2017年のレース活動は既にスタートしていますが会社の業務活動としては、こ......

GOSHI Racing 2016年活動報告

レーシングクラブ発足から4年目に入りました! レース経験も、その勝手や雰囲気も分かり、個人それぞれの動きも良くなります。2016年シーズンも半分を過ぎました。熊本地震からも約半年です。まだまだ傷痕も残る状態ですが、徐々に活気を取り戻しつつあり、レースシーンもそれに追従し活動を再開しています。

今シーズンは、九州ロードレース選手権JP250というカテゴリーに参戦。2台のCBR300を投入し、KAWASAKI、YAMAHA、の2気筒勢に挑んでいます。これまでの戦績ですが、順調にポイントを重ね、現在ランキング1位を守っています!

エースの#54田尻は国際クラス(INT)で少数の参加者ではありますが1位!#56黒木は国内クラス(NAT)で、ここは激戦区ながらこちらも1位を死守しています。しかし、最終戦のオートポリスはコース長も長く、単気筒CBRは分が悪く、2気筒有利と言われています。

自社製マフラーの54R!の性能だけでは、2気筒勢に大きなアドバンテージとなり、苦戦が予想されますが。が!最後まで諦めず、やれることをしっかりとやり、最後は笑って終われるよう全力でTRYしたいと思います!

レーシングクラブ発足から4年目に入りました! レース経験も、その勝手や雰囲気も分かり、個人それぞれの動きも良くなります。2016年シーズンも半分を過ぎました。熊本地震からも約半年です。まだまだ傷痕も残る状態ですが、徐々に活気を取り戻しつつあ......
LINEで送る
PAGE
TOP